ボナンザカジノ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

オープンヒューマニティーズ基金 ご支援のお願い EN 概要 ご挨拶・インタビュー HMCについて メンバー フェロー・招聘フェロー・スタッフ 研究協力者・補助者 研究プロジェクト 公募研究(A) 公募研究(B) 協働研究 連携 イベント オープンセミナー リエゾントーク 共催イベント 刊行物 ブックレット ニューズレター お問い合わせ プレスの方へ EN オープンヒューマニティーズ基金 ご支援のお願い オープンセミナー 第61回 中国「第三世界論」の思想的体質:1974年鄧小平の国連総会演説を手がかりとして中国“第三世界论”的思想体质——以1974年邓小平联合国大会的讲话为聚焦分析线索 Download[604.2 KB] 日時:2022年4月9日(土)15:00 - 18:00 場所:Zoomオンライン開催 報告者:賀 照田(中国社会科学院文学研究所 研究員) コメンテーター:村田 雄二郎(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科 教授) 司会:鈴木 将久(東京大学人文社会系研究科 教授) 使用言語:中国語(日本語同時通訳あり) 申込:4月7日(木)締切で、下記の様式でお申し込みください。   主催:東京大学ヒューマニティーズセンター 今回のセミナーでは、中国の第三世界論の代表的な文献である1974年鄧小平の国連総会演説を分析したい。 中国の自己感覚と世界感覚は、伝統の延長線上にあり、いまだ十分な反省がなされていない。それは、かつて中国で圧倒的な地位を占めたインターナショナリズム、第三世界論などの観念が、中国で根づかないことの根本的な原因であり、また中華人民共和国において、建国以来70年を経ても、あるときは過度に外界に依拠して外界を基準とし、あるときは過度に自己を肯定して外界を無視するような、人を困惑させる歴史現象がくり返し現れる原因でもある。そこで今回のセミナーでは、現代の世界において、いかなる自己感覚と世界感覚の意識を持ち、そのための努力することが、中国で自己と世界に対して有益な自己感覚と世界感覚を構築することに有益かという問題を考えてみたい。 今回のセミナーで、報告者の賀照田氏は、長いあいだ考えてきたこの問題を、はじめて正面から論じる。中国、および中国と世界の関係に関心のある皆さまの参加をお待ちしている。 2024 第113回 「大江健三郎『水死』を読む」 第112回 ロボット能におけるエンパシー日本での調査をふまえてIl nō dei robot #2: nuovi sguardi dal Giappone 第111回 地域の多民族・多文化化と小学校──都内X小学校アンケート調査の結果から 第110回 詩と政治──ヴァレリーとブランショをめぐって 第109回 8・9世紀のフランク王国における法的多元性について考える 第108回 解読・公家列影図──血筋・才能・個性と鎌倉時代のキャラクターデザイン 第107回 死者・動物・環境 ── 津島佑子『寵児』のクィア・エコフェミニズム 第106回 橋が築く都市景観──ターナーとロンドンのウェストミンスター橋 第105回 キックオフイベント「フルインクルーシブな学校作りへの挑戦:福島県双葉町での実践」 第104回 「ロボット能序説 ボローニャ大学芸術学科ラボでの実験を交えて」 Il no robotico 第103回 朝鮮本と画像処理の現在地 第102回 古代インド叙事詩『マハーバーラタ』写本研究の最前線 2023 第101回 「顔」は何を語るのか:文学の読み方と「顔」 第100回 図書館の余白:Library, Poetry 第99回 現代中国における輿論と情報 第98回 建築教育・まちづくりとアナログ&デジタル文化資源 第97回 1920年代井上準之助が見た日本社会の病理:その後の展開を含めて 第96回 Japan’s Volunteer Probation Officers under Pressure: Comparative Insights in the Digital Age 第95回 荻生徂徠「官刻六諭衍義叙」をめぐって 第94回 ヒューマニティーズセンターって何? ──若手研究者の活動、紹介します 第93回 「顔」は何を語るのか:漫画と絵巻における顔貌表現の心理学 第92回 国際金融協調と国際安全保障:1920年代日本の経験から 第91回 「リアリティ」の変容/不変容──明治末期定期刊行物における報道への写真の導入 第90回 VOC’s Hofreizen: Japan, India and Persiaオランダ東インド会社の「宮廷旅行」―日本、インド、ペルシア 第89回 社会をめぐる想像力と社会調査──比較歴史社会学の視座 第88回 内外から見た日本の保護司制度の現状と課題 第87回 「顔」は何を語るのか:顔貌コレクションの活用と展望 第86回 荻生徂徠『絶句解』の謎を解く―荻生家史料の可能性 第85回 「噂」から見る中国社会―中華人民共和国初期農村社会における「謡言」― 2022 第84回 東南アジアから/で世界を視る:人文系地域研究のアクチュアリティ 第83回 ジャック・ラカンによる「言語」 第82回 関東大震災と東大医学部第二外科 II 第81回 人文研究と教育の環境を科学する──「比較文学比較文化」の現場から 第80回 3Dと人文情報学 第79回 法を通じて世界を見る―客観法と主観法 第78回 日本型援助理念(Ideas)を問い直す 第76回 Nostalgia and fantasy in the making of heritage in Asia 第77回 海保青陵は動く──江戸後期の異色の儒者を捉え直す二つの視点 第74回 作家イメージの類型論──頬杖、たばこ、筆記具 第73回 はじめての危機言語 第75回 顔知覚の心理学The Psychology of Face Perception 第72回 「そんなつもりはなかった」―コミュニケーションと意図について考える 第71回 明治文芸書の装幀と印刷 第70回 社会調査史のなかの「質的データ分析の方法論的諸問題」:見田宗介の問いかけ 第69回 黄泉の国との契約書―東アジアの買地券― 第66回 The Open Multilingual Wordnet 第68回 デジタル技術を用いた文化資源の多次元アノテーションの研究──プログレス・リポート 第67回 Japan and the Netherlands日本とオランダ 第65回 Mobilisations of nostalgia in Singapore and Tokyoシンガポールと東京に見るノスタルジアの表出と文化遺産の創出 第64回 無我と慈悲―唯識思想の観点から― 第63回 大江健三郎氏寄託資料の現在と未来 第62回 ジャック・ラカンによる「人間」 第61回 中国「第三世界論」の思想的体質:1974年鄧小平の国連総会演説を手がかりとして中国“第三世界论”的思想体质——以1974年邓小平联合国大会的讲话为聚焦分析线索 第60回 法の国際的な平準化──個人情報保護を素材にして 第59回 場所を共に耕す(Cultivating a Place Together)─ホーム/ミンダナオを知るための旅 第58回 忘れられた美術思想家・岩村透への光──比較文学比較文化研究の視座から語る 第56回 「見る雑誌」の誕生──近代日本における雑誌写真の展開と『主婦之友』の写真表現 第57回 関東大震災と東大医学部第二外科 第55回 作家の身体と新聞報道──三島由紀夫の例から考える 第54回 "come" が「来る」でない時、「来る」が "来 lái" でない時When come is not kuru(来る): When kuru(来る) is not lái(来) 第53回 東アジアの「開発」と「発展」―日・中・韓の開発研究を比較する― 第52回 『瑜伽師地論』の伝承について 第51回 木版口絵の世界──口絵との出会い 第50回 Recent shifts in the UN’s Approach to Accountability for Misconduct and Sexual Exploitation and Abuse不法行為および性的暴力・搾取のアカウンタビリティに関する国連のアプローチの変化 2021 第49回 「右」も「左」もない言語と言語類型論 第48回 ことばとことばの間―近代アジアにおけることばをめぐる模索― 第47回 中世の『日本書紀』解釈における思想変動──一条兼良『日本書紀纂疏』を中心に 第46回 中国を深く理解する方法としての「革命―ポスト革命」(作为深入理解中国方法的“革命-后革命”) 第45回(特別回) 森鷗外翻訳詩の変遷:『於母影』から『沙羅の木』へ 第44回(特別回) 人文学にとっての熊野の可能性をめぐって―建築史家と美術史家が古道を歩く― 第43回 動詞空所化構文の対照研究:消えた動詞を解釈する 第42回 When knowledge moves with humans: Travel, mobility, and media in Asia人と知が動くとき:アジアにおける旅、移動、メディア 第41回 東アジアのなかの墓誌 第40回(特別回、第2回HMC-TCJSジョイントセミナー) 「死の影」と向き合う——近代日本の経営と文学 第39回 徂徠学派の文学と〈名づけ〉 第38回 語る力が権力を作る?―歴史からの問い― 第37回 トランプとかまいたち:ポストトゥルースの語用論 第36回 「太郎が花子を裸で描いた」: 裸なのは誰? 第35回(特別回) 【著者が語る】『扉の向こうの帝国 ―「イースタン・バンク」発生史論』 第33回 Virtual seminar "Critical Audio Media Practice: Listening and Making Culture in Taiwan"オンライン研究会「台湾における声のメディア実践」ご案内 第34回(特別回) 古典教育をめぐる議論:19世紀の日米における事例から考える 第32回 大規模史料群調査・研究の魅力―賀茂別雷神社文書から― 第31回 ドイツ語から見た英語と日本語 2020 第30回 博物館の原理に関する研究―空間・集い・経験(2) 第29回 Peacekeeper Sexual Exploitation and Abuse, and Recent Developments and Cooperation between UN-AU Frameworks(平和活動要員による性的暴力・搾取における近年の動向、国連とアフリカ連合の協力の枠組みについて) 第28回 定型表現の創出:徂徠学派の漢詩をめぐって 第27回 明治期新聞・雑誌の口絵・挿絵を考える 第26回 周作人と日本文学 第25回 顔の実験心理学(2):顔では決まらない顔の印象 第24回 「声のメディア」をつくる:大学と社会を結ぶ小さなアーカイブ実践 第23回 博物館の原理に関する研究:空間・集い・経験(1) 第22回 顔の実験心理学(1):心の中の顔イメージを可視化する 2019 第21回 「生活の芸術」と「生の技法」 第20回 東京大学ヒューマニティーズセンター オープンセミナー特別回 「社会科学と人文学の対話―『国書がむすぶ外交』「総論」を素材に―」 第19回 ヒューマニティーズセンター オープンセミナー特別回「王の手紙、皇帝の文書:─外交の世界史に向けた韓国、タイ、日本の鼎話の試み」 第18回 文学研究と美術研究の越境―明治小説の口絵・挿絵を考える― 第17回 賀茂別雷神社の算用状から何が明らかになるのか ─歴史学と会計学から─ 第16回 ヒューマニティーズセンター オープンセミナー特別回(8月12日)「Recording Atomic-Flash Burns, Archiving and its Living Legacy」 第8回 第9回 国連平和活動において性的暴力が許容されている背景:社会学的行動科学の観点から 第10回 日本占領期の性─米兵の残した文学作品から 第12回 Policing Intimacy and Queering the History of the South Asian Overseas Migration in the Colonial Era(歴史をクィア化する:監視される植民地期南アジア系海外移民の親密性) 第11回 武人政権としての大清帝国と日本近世国家 第14回 「恋愛歌人」としての和泉式部と女人往生 ――近代以後の和泉式部伝における「くらきより」歌の評価 第13回 Murakami Naojirō and Iwao Seiichi: Revisiting the role of modern historiography and European sources in Japanese history (村上直次郎と岩生成一─近代歴史学と欧文史料による日本史─) 第15回 UN Conduct: From Social to Legal Accountability for Sexual Exploitation and Abuse in Peacekeeping Operations(国連のアカウンタビリティ:国連平和活動における性的暴力と搾取―社会的アカウンタビリティから法的アカウンタビリティまで) 第7回 第6回 2018 第5回 日本の古典文学と古代ギリシア文学の比較ー詩歌と社会の視点からーギリシア悲劇と能 第4回 戦時・占領時の性を問う─先行研究から見るフィリピン関係資料 第3回 『外交』とはなにか─言葉を考える─ 第2回 近代「美人」言説における小野小町 第1回 マンジュ王朝としての大清帝国:帝国統治と国際秩序 ホーム オープンセミナー 中国「第三世界論」の思想的体質:1974年鄧小平の国連総会演説を手がかりとして中国“第三世界论”的思想体质——以1974年邓小平联合国大会的讲话为聚焦分析线索 概要 ご挨拶・インタビュー HMCについて メンバー フェロー・招聘フェロー・スタッフ 研究協力者・補助者 研究プロジェクト 公募研究(A) 公募研究(B) 協働研究 イベント オープンセミナー リエゾントーク 共催イベント 刊行物 ブックレット ニューズレター オープンヒューマニティーズ基金 東京大学基金 連携部局 法学政治学研究科 人文社会系研究科 総合文化研究科 教育学研究科 情報学環 東洋文化研究所 史料編纂所 総合図書館 お問い合わせ プレスの方へ ページ先頭へ © 2017 The University of Tokyo Humanities Center

エキサイティング競馬 スポーツベット出金 カジノパチンコ オンラインパチスロマルハン
Copyright ©ボナンザカジノ The Paper All rights reserved.