whatafunkytime

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

教員・研究情報 研究者詳細 ホーム English このページはJavascriptを使用しています。すべての機能を使用するためにはJavascript を有効にする必要があります。 2023/05/18 更新 キーワード・所属・専門分野・50音で探す 基本情報   基本項目   出身大学院   学位   学内職務経歴   学外略歴   資格・免許 研究活動   論文   書籍等出版物   MISC   科研費(文科省・学振)獲得実績   受託研究受入実績   講演・口頭発表等 2023/05/18 更新 鈴木 司 (スズキ ツカサ) SUZUKI Tsukasa 准教授 職名 准教授 外部リンク このページの先頭へ▲ 出身大学院 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 出身大学院 【 表示 / 非表示 】 東京農業大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士後期課程   修了 - 2008年03月   詳細を見る 国名:日本国 東京農業大学   農学研究科   農芸化学専攻   博士前期課程   修了 - 2005年03月   詳細を見る 国名:日本国 このページの先頭へ▲ 学位 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 学位 【 表示 / 非表示 】 博士(農芸化学) ( 2008年03月   東京農業大学 ) このページの先頭へ▲ 学内職務経歴 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 学内職務経歴 【 表示 / 非表示 】 東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   助教 2013年04月 - 2018年03月 東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   助教 2018年04月 - 2022年03月 東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   准教授 2022年04月 - 現在 このページの先頭へ▲ 学外略歴 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 学外略歴 【 表示 / 非表示 】 University of Michigan, Life Sciences Institute   研究員 2008年06月 - 2013年03月   詳細を見る 国名:アメリカ合衆国 このページの先頭へ▲ 資格・免許 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 資格・免許 【 表示 / 非表示 】 危険物取扱者(甲種) このページの先頭へ▲ 論文 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 論文 【 表示 / 非表示 】 低タンパク質米製造過程で生じる抽出米タンパク質分解物が脂質代謝に及ぼす影響 松本 雄宇, 岩崎 優, 細川 恵, 鈴木 司, 井上 順, 重村 泰毅, 高野 克己, 山本 祐司 日本食品科学工学会誌   advpub ( 0 )   2023年  詳細を見る 記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本食品科学工学会  

腎臓病患者の治療食として使用されている低タンパク米の製造工程で生じるERPの脂質代謝改善効果を検討した. 高脂肪食を与えた肥満モデルマウスにERPを摂取させたところ, 体重および精巣周囲脂肪重量の増加が抑制された. また, ERP摂取により糞中TG量が増加した. さらに, 血中ALT活性と肝臓中脂質量の結果から, ERP摂取は高脂肪食に起因する肝障害を抑制することが示された. 興味深いことに, ERP摂取によりインスリン抵抗性に関連するCerS6の発現量低下も観察された. ERPは主にペプチドと遊離アミノ酸から構成されていること, また一部の血中遊離アミノ酸濃度と精巣周囲脂肪重量との間に負の相関関係が認められたことから, 本研究で観察された効果はペプチドと遊離アミノ酸のどちらかないし両方を介していると考えられる. これらの結果から, ERPは抗肥満食品として有用な素材であることが示唆された.

DOI: 10.3136/nskkk.nskkk-d-22-00090 Ca2+/Calmodulin induces translocation of membrane-associated TSC2 to the nucleus where it suppresses CYP24A1 expression 査読あり 国際誌 Machiko Kazami, Tomoya Sakamoto, Tsukasa Suzuki, Hirofumi Inoue, Hayato Kato, Ken-Ichi Kobayashi, Tadahiro Tadokoro, and Yuji Yamamoto Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   2022年12月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   Sulforaphane suppresses the activity of sterol regulatory element‐binding proteins (SREBPs) by promoting SREBP precursor degradation 査読あり Shingo Miyata, Manami Kodaka, Akito Kikuchi, Yuki Matsunaga, Kenta Shoji, Yen‐Chou Kuan, Masamori Iwase, Keita Takeda, Ryo Katsuta, Ken Ishigami, Yu Matsumoto, Tsukasa Suzuki, Yuji Yamamoto, Ryuichiro Sato & Jun Inoue scientific reports   2022年05月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-022-12347-6 Shotgun proteomic investigation of methyltransferase and methylation profiles in lipopolysaccharide stimulated RAW264.7 murine macrophage cells 査読あり Y. Aizawa, M. Mori, T. Suzuki , A. Saito, H. Inoue Biomedical research (Tokyo)   2022年04月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   Brown rice inhibits development of non-alcoholic fatty liver disease in obese Zucker (fa/fa) rats by increasing lipid oxidation via activation of retinoic acid synthesis 査読あり Yu Mastumoto, Saya Fujita, Ayano Yamagishi, Tomomi Shirai, Yukie Maeda, Tsukasa Suzuki, Ken-ichi Kobayashi, Jun Inoue and Yuji Yamamoto The Journal of Nutrition   2021年07月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   玄米は、肥満のZucker(fa/fa)ラットのNAFLDの発症を予防することそ示した。玄米のNAFLDに対する有益な効果は、レチノイン酸シグナルによって制御される脂肪酸のβ酸化とVLDL分泌の増加として現れている可能性を示した。 全件表示 >> このページの先頭へ▲ 書籍等出版物 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 書籍等出版物 【 表示 / 非表示 】 結節性硬化症の診断と治療最前線 鈴木 司, 山本 祐司, 他34名( 担当: 共著) 診断と治療社  2016年07月   詳細を見る 記述言語:日本語   著書種別:学術書 このページの先頭へ▲ MISC 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ MISC 【 表示 / 非表示 】 GSK3によるAMPKの関与する異化作用の阻害 鈴木 司, 猪木 健 ライフサイエンス 新着論文レビュー   2013年05月  詳細を見る 担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター   AMPKシグナル伝達 (AMPK: A Key Regulator of Enegy Balance) 鈴木 司, 猪木 健 細胞工学   28 ( 8 )   2009年08月  詳細を見る 記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:秀潤社   このページの先頭へ▲ 科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示 】 AMPKの新規基質DDB1を介したユビキチン化修飾に及ぼす影響の解析 2020年 - 2022年 科学研究費補助金  基盤研究(C) 鈴木 司  詳細を見る 担当区分:研究代表者  AMPKがSRSF1を介して選択的スプライシングに及ぼす影響の解析 2017年 - 2019年 科学研究費補助金  若手研究(B) 鈴木 司  詳細を見る 担当区分:研究代表者  AMPK-GSK3β複合体形成がグリコーゲン代謝へ及ぼす影響の解明 2015年 - 2016年 科学研究費補助金  若手研究(B)  詳細を見る 担当区分:研究代表者   本研究の目的は、「AMPKとGSK3βの結合」が、共通の基質であるグリコーゲン合成酵素GSを阻害するために重要であるか調べることである。具体的に、①結合を妨害することによってGSの活性に変化が起きるのか②GSK3βによるAMPKの阻害がGSの活性調節に寄与しているのか③グリコーゲンに結合できるAMPKはGSK3βの足場となりえるのか。これらを解明し、「AMPK-GSK3β複合体」がグリコーゲン代謝へ与える分子メカニズムを明らかにしたい。 このページの先頭へ▲ 受託研究受入実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 受託研究受入実績 【 表示 / 非表示 】 植物由来乳酸菌の抗肥満効果に関する研究 2017年 - 現在 亀田製菓株式会社  一般受託研究  一般受託研究 山本祐司  詳細を見る 担当区分:研究代表者  このページの先頭へ▲ 講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示 】 玄米摂取による非アルコール性脂肪肝の改善はレチノイン酸生合成の回復による効果である 国際会議 山本祐司、松本雄宇、鈴木司、井上順 日本食生活学会 第63回大会  2021年11月   詳細を見る 開催年月日: 2021年11月 記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   mTORC1活性を制御する新規タンパク質CNBPの作用メカニズムの解析 国際会議 鈴木 司、土澤 弘幸、中川 晃貴、石井 真央、井上 順、山本 祐司 日本アミノ酸学会第15回学術大会  2021年10月   詳細を見る 開催年月日: 2021年10月 記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   開催地:Zoomによる開催   細胞のサイズや成長を制御する因子であるmTORC1に関して、新規制御タンパク質としてCNBPを見出し、それがアミノ酸経路によって制御されることを示した。 スルフォラファンは転写因子SREBP前駆体の分解促進を介して食事誘導性肥満や脂肪肝を改善する 国際会議 井上 順、宮田 慎吾、正路 健太、鈴木 司、山本 祐司、清水 誠、佐藤 隆一郎 日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月   詳細を見る 開催年月日: 2019年03月 記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   インスリンシグナルを制御する有機化合物SF231の作用メカニズムの解明 山本 佳明、鈴木 司、井上 順、山本 祐司 日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月   詳細を見る 開催年月日: 2019年03月 記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   メチオニンはがん抑制タンパク質TSC2のメチル化を介してインスリンシグナルに影響を及ぼす 玄 成秀、鈴木 司、井上 順、山本 祐司 日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月   詳細を見る 開催年月日: 2019年03月 記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   全件表示 >> このページの先頭へ▲ Copyright © TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE FOUNDED, All Rights Reserved.

ボンズカジノ徹底解説 2024年3月€45入金不要ボーナス!評判 ... Sportsbet.io『スポーツベットアイオー』 オンラインカジノ無料ボーナス バドミントンアクセルセン
Copyright ©whatafunkytime The Paper All rights reserved.