linkvào188betzokb

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

患者の皆様へ 患者の皆様へ 患者の皆様へ TOPへ 受診する フロア案内 循環器病について知る 入院・お見舞いについて 臨床研究・治験について 身体障がい者補助犬の受入について 診断書・証明書などの発行について かかりつけ医検索 お知らせ 各種相談窓口について 院内掲示に係る項目について 閉じる 国循について 国循について 国循について TOPへ 理事長からのご挨拶 交通案内・近隣の宿泊施設 時間外出入り口のご案内 センター概要 センター概要 TOPへ 理念と基本方針 沿革 役員名簿・組織図 情報公開・公表事項 閉じる 医療人の育成 医療人の育成 医療人の育成 TOPへ 研究開発能力強化法に基づく人材活用等に関する方針ご案内 Office for the Promotion of Diversity and Inclusion / ダイバーシティ人材育成推進室について レジデント・専門修練医・専攻医研修プログラムについて レジデント・専門修練医・専攻医研修プログラムについて TOPへ 国循のご紹介 教育研修部の取り組み(レジデント・アウォード等) 先輩紹介 各部門のカリキュラム 採用の流れ 看護部教育制度のご案内 研修会(2週間)のご案内 リサーチフェローについて レジデント・デー(アーカイブ) 連携大学院制度のご案内 教育に関するQ&A 福利厚生 図書館のご案内 研修者・客員研究員 閉じる 循環器病の研究推進 循環器病の研究推進 循環器病の研究推進 TOPへ 研究成果(業績年報) 共同研究等推進に関する制度 共同研究等推進に関する制度 TOPへ 産学官連携ポリシー及び知的財産ポリシーについて 企業等からの外部研究資金受入制度について 国立循環器病研究センター発ベンチャーについて 共同研究部設置について 寄付研究部設置について ジョイントリサーチプロジェクト 実施中の臨床研究 産学連携の取り組み 研究ガバナンス・コンプライアンス 研究ガバナンス・コンプライアンス TOPへ 研究倫理審査委員会 臨床研究審査委員会(CRB) 治験審査委員会 特定認定再生医療等委員会 特定臨床研究監査委員会 研究活動に関する行動規範 公的研究費の適正管理に関する取り組みについて 公正な研究活動の推進に関する取り組みについて 公的研究費の使用に関するルールについて 閉じる 広報活動 広報活動 広報活動 TOPへ プレスリリース 広報誌 パンフレット プレスセミナー ニュースレター メディア掲載情報 取材と撮影について SNS公認アカウント一覧 閉じる ご寄付のお願い ご寄付のお願い ご寄付のお願い TOPへ 国循ハートフル基金への寄付について 寄付の受け入れについて 国循クラウドファンディングについて 遺贈によるご寄付について 移転建替整備事業へのご協力のお願いについて 国立循環器病研究センター大阪府北部地震復興支援にかかる寄付について 閉じる 医療関係者の皆様へ 医療関係者の皆様へ 医療機関ご利用の患者・ご家族の方へ 医療関係者の皆様 TOPへ 患者さんを紹介いただく手順について(専門医療連携室) 医療連携・連携医登録について 地域連携パスについて 各種教育入院の概要 各部門の診療・活動内容 公開講座のご案内 後期研修・専門教育のご案内 受託研究の依頼について(治験・その他) 薬剤部から保険薬局の皆様へ 職員募集情報 お知らせ 閉じる 国立循環器病研究センター 病院 研究所 OIC オープンイノベーションセンター 実施中の臨床研究 職員募集 調達情報 交通案内 サイトマップ 背景色 白 黒 ENGLISH 交通案内 メニュー 国立循環器病研究センター TOP トピックス 「共創の場形成支援プログラム(バイオ分野・本格型)」に採択されました トピックス 「共創の場形成支援プログラム(バイオ分野・本格型)」に採択されました 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川久雄、略称:国循)を代表機関として15参画機関と共同で応募した産学官民連携プロジェクトが、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「共創の場形成支援プログラム(バイオ分野・本格型)」に採択されました。 この産学官民連携プロジェクトは、現在大きな社会的問題となっている難治性心血管疾患・難治性がん・認知症・新興再興ウイルス感染症を克服できるレジリエント※な社会を実現するため、北大阪健康医療都市(「健都」)において、住民参加型バイオコミュニティの形成を目指すものです。 ※ 困難や脅威に直面している状況に対し、「上手く適応できる能力」、「適応した結果」として、病気を乗り越える精神力、復元力や回復力を意味 拠点の概要 このプロジェクトでは、産・学・官の実質的融合連携ができる「共創の場」としての拠点(拠点名称:世界モデルとなる自律成長型人材・技術を育む総合健康産業都市拠点)を、JR東海道本線岸辺駅前に位置する「健都」に設け、医療と医学研究の中核をなす国循内に拠点本部を設置します。国循は、代表機関として、研究機関、企業、地元自治体と連携しながら、基盤技術開発・基礎研究から創薬・医療機器開発など社会実装(産業化)までをカバーする研究プラットフォームを「健都」に構築し、トップレベル研究者の叡智を結集させたバイオ研究拠点を創設します。さらに、ウィズ・ポストコロナ時代を見据え、世界中の卓越研究者がリモートで、これらのプラットフォームにアクセス可能な体制を構築します。 共創の場形成支援プログラムの概要 JSTの「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」は、アカデミアを中核とする産学連携を基軸に自治体、市民など多様なステークホルダーを巻き込んだ産学共創により、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のあるべき社会像(拠点ビジョン)を策定し、「拠点ビジョン実現のためのバックキャスト型研究開発」とそれを支える「持続的な運営が可能な産学共創システムの構築」をパッケージで推進します。特に、『バイオ分野・本格型』は、バイオ分野の拠点化、ネットワーク化などを推進し、世界のデータ・人材・投資・研究の触媒となる国際バイオコミュニティ圏を国内に2拠点程度構築することを目指すものです。今回、そのうちの一つとして、国循を代表機関として応募した産学官民連携プロジェクトが採択されました。 →共創の場形成支援プログラムのホームページはこちら 参画機関 参画機関(大学等):医薬基盤・健康・栄養研究所、徳島大学 参画機関(企業等):エーザイ株式会社、株式会社カン研究所、東和薬品株式会社、シスメックス株式会社、ニプロ株式会社、JSR株式会社、CYBERDYNE株式会社、株式会社クロスエフェクト、シミックホールディングス株式会社、大阪商工会議所 参画機関(自治体):大阪府、吹田市、摂津市 「健都」とは 吹田市と摂津市の両市にまたがる「健都」では、令和元(2019)年7月に吹田操車場跡地へ移転してきた国循を核として、「健康・医療のまちづくり」を進めています。 国循と健康・栄養研究所の移転を大きな原動力として、「健康と医療」をキーワードに、企業等の研究施設を集積させ、国際級の医療クラスター(集積地域)の形成を目指しています。 さらに、予防医療や健康づくりを実践する駅前商業施設、住宅、公園、図書館などのフィールドを整備し、健康・医療のコンセプトをまちの中に組み込むことで、「自然と健康になれるまち」の実現に取り組んできました。 今回採択されたプログラムによる共創拠点の形成は、「イノベーションによるヘルスケア産業の創出」と「新しいライフスタイルの創造」の循環という「健都」のコンセプトに通じるものであり、「健都」の更なる発展・推進に寄与するものと期待されます。 最終更新日 2020年12月28日最終更新日:2021年09月30日 国立循環器病研究センター 国循について 医療人の育成 循環器病の研究推進 広報活動 ご寄付のお願い 病院 病院について 診療科・部門 看護部 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究所 研究所について 各部の紹介 研究所紹介PDF フロアマップ OICオープンイノベーションセンター オープンイノベーションセンター(OIC)について サイエンスカフェについて (法人番号3120905003033) 〒564-8565 大阪府吹田市岸部新町6番1号 TEL:0570-012-545 調達情報 国循 市民公開講座 情報公開・公表事項 職員募集サイト 個人情報の取り扱いについて 実施中の臨床研究 交通案内 このサイトの利用について プライバシーポリシー サイトに関するお問い合わせ 関連リンク Copyright © National Cerebral and Cardiovascular Center All rights reserved. 設定メニュー 文字サイズ 標準 大きく 背景色 白 黒 日本語 English

ダニエル・ペレツ 遊雅堂visa ウニオン・ベルリン対マインツ 遊郭堂
Copyright ©linkvào188betzokb The Paper All rights reserved.